2019年09月02日

オーバル

オーランの星天停止の詠唱文が、私はかなりお気に入りで、オーラン→バルマウフラのプロポーズの言葉はこの詠唱をアレンジしたものだと妄想してます。
原文は「天球の運命をこの手に委ねよ。我は汝、汝は我なれば… 星天停止!」



・オーバル的解釈:運命をあやつる神よ、私(占星術士オーラン)にその神意を渡せ。私は貴女。貴女は私。(二人で一つの=結婚した)私たちの運命は私たちが自ら切り開く。
※二人とも結婚の火刑という暗い結末があることを既に余地してる。でもオーランは、僕がなんとかするから大丈夫だよ結婚しよう。
・という回りくどいプロポーズをして、バルマウフラは(彼の心を理解したけどドライでクールな性格なので)、「いいわよ」の一言返事。
オーランが作った二人の結婚指輪には「我は汝、汝は我。さすれば我らが時は永遠なり」というプロポーズの言葉が入ってます。という妄想……素敵じゃないですか?
・オーランなら、こういうこ洒落た遊び心のあるプロポーズをするかなと…だったらいいな。
バルマウフラの魔女の物語の最後に↑のエピソードを少し入れましたが、本当はもっと長々と書いていたのです…


posted by 夕凪 at 15:12| 妄想・語り | 更新情報をチェックする