2019年03月25日

名前元ネタさがし

ウィーグラフのイメージは「ベイオウーフ」の英雄ウィーイラーフそのまま。古代の神話ではウィーグラフは英雄の中の英雄なのです。時は移り中世になり教会の禁欲精神が支配的になると古代の英雄たちは追放されていきました。
古代の英雄の名前を冠したウィーグラフが、教会の権力の中で腐っていくのは、なんとも感慨深いものがありますね……生きる時代が違えばウィーグラフはウィーイラーフの如く英雄になれたであろうに……しみじみ

神殿騎士の名前にはアーサー王関連のものが多くて組織の同質性を感じて萌えます(←ニッチな萌え)。「ベーオウーフ」由来のウィーグラフだけ毛色が違うのですよね…そこが途中介入で13番目の使徒設定のよいところ

FFT没案だとゴラグロスも神殿騎士だったらしいのですが、彼の名前を見てるとよくわかる気がします。ゴラグロスはガウェインと戦った領主。ラヴェインはランスロットに恋したシャーロットの姫のお兄さん。つまりFFTのゴラグロスは爆死戦士にしては豪華な名前を持っているのです
ゴラグロスが円卓の騎士の名前を持ってると思うと、華やかな気分になりませんか??由来的にクレティアンと同郷のよしみだと思うと…萌え

FFT初期案だとベオルブ家はベオウルフ家になってたので
北天騎士→ベーオウーフ(アングロサクソン)派
南天騎士→シャルルマーニュ大帝のパラディン派(ロランの歌とか)
神殿騎士→クレチアン他による円卓の騎士派
…という綺麗な勢力図が
※モンスターは神話(オリュンポスの国)の住人

・クレティアン→中世の詩人(フランス)。アーサー王伝承の祖。不倫が書けずに筆を折った。
・ヴォルマルフ(ヴォルフラム)→中世の詩人(ドイツ)。クレティアンの未完の詩を引き継いだ。博識。
・アルフレド(テニスン)→没神殿騎士の人。近代の詩人(イギリス)。国王牧歌で円卓の騎士を描く。文体綺麗。
・ギュスタヴ→初期設定で神殿騎士だった。ギュスターヴ・ドレは画家でアルフレッド・テニスンの国王牧歌の挿絵他
・リュネット→没神殿騎士。クレティアンの獅子の騎士に出てくるローディーヌ姫の侍女。
・ゴラグロス→円卓の騎士ガウェインと戦う城主。
・ラヴェイン→円卓の騎士ランスロットに恋するシャーロットの姫の兄。立派な騎士。
・イズルード(イゾルデ)→姫。白い手と金髪の二人いる。円卓の騎士トリスタンとロマンスに。
・バロミディス→没神殿騎士。パロミディス卿はトリスタンのライバル兼マブ
・メリアドール→エルモディーヌ姫のために戦う。地味。円卓の騎士だったかもしれない
※バルクは旧約聖書のエレミヤ(英名ジェレミー)の従者兼書記官。主人が穴に落ちた時に助けた。文才ある知識人。
※ウィーグラフはベイオウーフ王を看取ってドラゴンを倒した英雄。演説じょうず。

ローファルとカルデュイノ(没神殿騎士)の出自は分からず。あとはティンジェルがティンタジェル城繋がりだといいなと。
この辺の名前ネタと絡めると神殿騎士団の人間関係がカオスで楽しい\(^o^)/とりあえずクレティアンは誰とでも絡める中心人物(彼がいないと円卓の騎士が生まれなかったので…)

パラディン組の余談ですが、オルランドゥとオーランは同じ名前です。なので彼らが親子なのも納得なのです。そして私は円卓の騎士よりパラディン派です。リナルド、ブラダマンテ、ロジェロ推し。

イズルードもメリアドールも名前がとても綺麗だと思います。ティンジェルという響きが最高に素敵ですよ…すき……すき…
北米版だとイズルードはIsiludになってるんですよね。読みはそのままイズルードだと思うけど、お洒落な綴りで私は北米版のお名前が好きです。北米版、ティータがティートラに変わってたり、ローファルがロフレイになってたりマイナーチェンジがあって見てて面白いです。
ローファル(ロフレイ)、クレティアンに合わせてフランス風に読むとロフロワになるのですが、いい響きですよね…普段呼ばない名前で呼ぶと不思議な新鮮みがあって楽しいです。


posted by 夕凪 at 16:20| 考察 | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

アサシン姉妹my設定メモ

【アサシン姉妹メモ】※my設定です
◆レディ・アデレード(人間)→伯爵家のご令嬢。侯爵より位は上。年齢も上。おっとりしてる心優しいお嬢さん。自分より身分の高いお嬢様の名前を呼ぶのは…というメスドラーマ若様の意向でレディ呼びに。ブロンドの髪。
◆セリシア(人間)→レディ・アデレードのお付きの侍女。アデレードお嬢様より年上。お嬢様のお目付け役でもあるので性格はしっかりめ。伯爵家のお嬢様が(下の階級の)侯爵家の若様と付き合ってるのが気に入らない。本心は大事な大事なお嬢様を男にとられたくない百合心。お嬢様大好き。セリシアもブロンド髪。実はお嬢様の腹違いの姉妹(なので二人とも瓜二つの外見)

◆レディ(眷属)→セリア(眷属)のことをお姉さまと呼ぶ。末っ子(ちょい天然)ポジション。悪魔だけど、人間の暮らしに興味津々。セリアをお姉さまと呼ぶのは人間の時に姉妹だった無意識の名残。
◆セリア(眷属)→自分の出自が悪魔であることをわきまえている。主(死天使ザルエラ)のために血を集める有能なアサシン。同僚のレディが人間の暮らしに惹かれているのでよくお説教してる。レディに口うるさいのは人間だった頃にお嬢様のお目付け役だった時にの無意識の名残。

眷属のセリアとレディを呼び出したのは侯爵の形をしたザルエラ。すり込みでセリア&レディは「主だいすき!」でめちゃくちゃ懐いてて、主に手を出す者は地獄に落ちろ!と息の根を止める優秀な護衛。
眷属の姉妹を呼んだのはザルエラだけど、ザルエラが侯爵の姿をしてて姉妹も人間の姿をしているので自己混同がおきて、眷属の二人がメスドラーマ様に主従を超えた何かを感じてたり、ザルエラがメスドラーマ様の記憶と混ざって眷属の二人に、お嬢様姉妹の姿を重ねてしまったり

レディという名前は「レディ・○○」の略だったのかなとずっと思ってて、侯爵様にレディって呼ばれるんだから王族か公爵だろうという推測で公爵家のご令嬢設定。なのでレディは高貴な女性というイメージなのです。アデレード(アーデルハイト)という名前の意味はそのまま「高貴な姿」という意味です。あとアデレードの略称がレディになるというダブルネーミング。

私がアサシン「姉妹」とつい呼んでしまうのは、こういう脳内設定が花開いてしまってる結果です。本編だと謎な二人だったので、ついついつい設定を盛りたくなっちゃうんです

※おまけ※
ハシュマリムとザルエラでうちの眷属が有能親馬鹿トークバトルしててほしいです。アサシン姉妹もローファルクレティアンを見て、「ハシュマリム様は人間を眷属にしてるし子育てもしてるって変なの〜」「私たちの方がいっぱい血を集めてるわよ」ってガールズトークしてほしい。
ハシュマリムとザルエラはマブです。仲良し。でもアサシン姉妹と神殿騎士コンビはめちゃくちゃ相性悪そうで、顔を合わせたら口喧嘩が勃発する(一応同族なので殺し合いはしないけど、競合排除的な抗争はおきる)
posted by 夕凪 at 22:33| 考察 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

12星座でキャラ語り

※順次追加予定

【イズルード/双子座】
自分の内部に深い葛藤を抱えた悩める少年。双子座の知性の原点にあるのはまざらぬ二項対立の極性について「考える」こと。なのでイズルードも思索型。でも回転の早い双子座なので、自分の決断を下すのも早い。ちなみにタロットで双子座を表すのは「恋人(“選択”)」のカード。

【クレティアン/双子座】
知性と論理を司る星の下に生まれたので頭いい(当然)。分析力や機転の良さ、言語能力が高いので議論では100%相手を言い負かす。好奇心旺盛で知識を追い求めることに貪欲だが、対象が自分の知性より下だと分かるとすぐに興味関心を失う。飽きっぽい。

【エルムドア侯爵/双子座】
際立った言語感覚。美意識にこだわったきれいな言葉で話す人。見た目もきれい。銀髪美形貴族。そして風の星座である双子座の人間なので、束縛されない自由を愛するおおらかな性格。型破りな自由人。

*双子座の「頭いい」は一人で知識を解き明かす聡明さではなく、人と議論しながら適切な解を導く「機転の良さ」や、対立する世界の矛盾の中から答えを見つけ出す過程にあると思うので、クレティアンは色んな価値観の人に喧嘩売りまくって欲しいです(結論)
posted by 夕凪 at 18:35| 考察 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

アジョラさんまとめ【妄想設定多め】

・ベルベニア生まれ
・ユードラ帝国(現ライオネル)に工作員として潜入
・聖石を集めていた
・伝説ではランベリー王が召喚した魔神(ルカヴィ?)を魔界(次元の狭間?)へ追い返した
・ユードラ帝国のスパイだったゲルモニークに裏切られて処刑
・死ぬ間際にアルテマと融合
・アルテマと融合したのでアジョラの意志はアルテマと一体化する
・ラムザの先祖がアルテマを倒す@ミュロンド国
・アルテマ、死ぬ前に自分の魂をミュロンド国ごと次元の狭間に封印する
・いつか再臨するためにアジョラの肉体を地上に転生させる(アルテマはアジョラの肉体にしか融合できない)
・アルテマの封印によってミュロンド国、水没
※ミュロンド国はファラ教の本拠地(死都にある失われた聖域はおそらくファラ教の聖地)→ファラ教も一緒に衰退
・アジョラの12使徒たち→ルカヴィに転生していた
・ゲルモニークもルカヴィについておそらく何か知っている→聖典にデジョンの記述がある
・アジョラの時代に魔神(ルカヴィ)を召喚していたのはランベリー王
・伝説ではアジョラがゾディアックブレイブを結成してルカヴィ退治をしたらしいが実際は真逆→真相はラムザの先祖が聖石を奪還してルカヴィ退治していたが歴史から消されてアジョラが伝説の教祖として祭り上げられた(推測)
・ゾディアックブレイブの定義を「聖石を集めて魔神(ルカヴィ)を倒した者」とするならFFTのZBは聖石を12個集めてルカヴィ総退治したラムザ(これは史実には残らない真相)
・戦乱が起きるとZBが現れるという伝承は事実を語っており、アルテマが肉体を得て復活する度に(復活のために血が流される度に)、ラムザのような英雄がアルテマを倒すために現れる
※転生するのはアルテマの力によるアジョラの肉体だけという前提なので、ZBたるラムザの血筋はベオルブかルグリアから継承している(ラムザ&アルマが魔法アルテマを使えるのでルグリア説が濃厚)
・ちなみに転生するのはアジョラの肉体(アルテマと融合した魂の部分は次元の狭間に漂っている)
・普通はルカヴィと融合すると肉体の持ち主の意識は消滅するが、アジョラ&アルテマは特別でアルテマと融合してもアジョラの意思が残っていたのかもしれない……その理由は、アルテマはファラ教の聖地のあるミュロンド国を消滅させてユードラ帝国の勢力を削ぎ落としているから
※アジョラはユードラ帝国と敵対する国の工作員
・アジョラがアルテマを自在に操ったり、ルカヴィの力を使役できる能力者だったのかも(アジョラのジョブ「偽りの聖者」は凄い力を持ってたらしい)
・アルテマは器となる肉体がある限り不死身という前提(聖大天使は終末と創世を司る存在とされている)
・なので、FFTの物語が終わった後々でもアジョラの肉体は転生を続けており、(真の意味での)ZBであるラムザの血脈は、いつか再びアルテマを倒すべくどこかでひっそりと継承されている……かもしれない
posted by 夕凪 at 10:08| 考察 | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

アルマと神殿騎士団

【アルマ/神殿騎士団】
・「アジョラとその使徒たち」という設定を踏襲してます
・なので、強引な拉致だったけど神殿騎士たちはアルマに対してとても誠実に接してます
・神殿騎士団はああみえて品行方正な人たちが集ってるから(妄想)女性への奉仕の精神もわきまえてる
・(神殿騎士団)奴等は腐れ外道極まりないけど、ギュスタヴみたいな盗賊強姦まがいの悪事には手を出さないプライドがあって…宗教的な信念をもった悪事を働いてて(余計タチが悪いじゃないか)、我が主であるアジョラの身体を持ったアルマのことは大切にしてると思う
・アルマを拐った建前は「家が崩壊してしまって帰る場所もなく異端者たち(弟ラムザ)から保護するため」 本音はもちろん「身体目当て」
・「身体目当て」とか書くと下世話な感じがしますが、身体が大事だからこそ、騎士たちはアルマの身体には絶対手も触れない、主の身体にそう易々と触れるものか、くらいの潔癖さをもって接してる
・一見するとアルマに尽くす神殿騎士は礼節をもって貴族の子女を迎えるかのようにしている、けれど、ヴォルマルフ個人の望むことではアルマの身体だけが必要で魂は要らない。この状態で個々の神殿騎士がアルマにどう向き合っていくのか……それは個人の性格よりけり
posted by 夕凪 at 12:14| 考察 | 更新情報をチェックする